spacer    
     
スペース
Home Page Image
 

まだまだお肌の悩みはありますね。でも、ピーリングやイオン導入、マッサージなどで改善できます。
 

 
spacer
 

くすみ

肌がくすんでいるとはなんだか、あいまいな表現ですが、皮膚科学的には角質層が厚くなっている状態のことをいいます。 20歳まではターンオーバーも速いので、どんどん皮膚細胞が入れ替わり、新しい皮膚になりますが、年齢を重ねるとそのスピードが落ちていきます。 古い細胞がいつまでも肌の表面にのこるので、肌がくすんで見えるのです。

有効なのが、ピーリング。 酸などの働きで古い角質を取り除く方法です。 週に1~2回自分で行うとずいぶん違ってきますよ。 ターンオーバーがアップするので、ハリも出てきて、透明感あふれる肌になります。

たるみ

皮膚を下から上に引き上げるようにマッサージしていればたるみが改善すると思っている人も多いようです。 でも顔のたるみを改善するには筋肉を鍛えなけれななりません。

たるみはシワと同じようにコラーゲンの減少が原因でもありますが、顔の筋肉が衰えることも大きな要因です。 顔の筋肉は表情筋と呼ばれ、皮膚にくっついています。 ですから、表情筋がたるむと皮膚もたるんでしまうんです。

毛穴が縦に広がる→→→まぶたが下がる→→→目の下にクマのように見える→→→法令線ができる→→→二重あごになる・・・という風にたるみが進行していきます。

たるみを改善するには、レチノールやビタミンC誘導体配合の化粧品でスキンケアすることが有効です。 イオン導入器を使ってビタミンC誘導体を効率よく浸透させるのがおすすめ。 コラーゲンが増えていきます。

さらに、表情筋も鍛えましょう。

アゴの筋肉を鍛えるトレーニングを紹介します。

まずペットボトルに少しの水を入れ、歯を使わずに唇の力だけで持ち上げます。 10秒キープし、下すを2回繰り返します。

美顔器でも表情筋を効率よく鍛えてくれるものがありますね。 電気刺激によって自動的に筋肉のトレーニングができるんですよ。

毛穴

冷水で洗顔すると毛穴がキュッと引き締まる感じがしますが、毛穴が小さくなるわけではなりません。 赤ら顔の原因にもなってしまうので避けましょう。

毛穴の大きさは生まれつき決まっています。 ですが、急に広がったなと感じたら、たるみによるものかもしれません。 加齢でコラーゲンが減ったからかもしれませんね。

たるみによる毛穴には、コラーゲンを増やすケアをしましょう。 レチノール配合の化粧品はシワ予防にも効果的ですが、毛穴対策にも使えます。 それから、ピーリングでコラーゲンをアップさせるのも有効。 さらに、ビタミンC誘導体を浸透させましょう。美顔器がおすすめ。

それから、皮脂が毛穴に詰まって角栓になる人もいます。 毛穴がザラザラしてきたら、余分な皮脂と角質を取り除くケアをしましょう。

洗顔を丁寧にして、皮脂をきっちり落とします。 そして週に1~2回のピーリングや酵素入りの洗顔料を使って古い角質を除去します。

角栓をとるためにはがすタイプの毛穴パックやゴマージュは肌への刺激が強すぎます。 控えましょう。

むくみ

むくみは血管の外の組織に余分な水分がたまることが原因で起こります。 塩分の取りすぎや水分の摂りすぎの他にも、運動不足、筋力の低下、疲労が原因です。 血行が悪くなると水分の排出がうまくできなくなり、むくんでしまうのです。

むくみやすいのは顔と足ですよね。 足は夕方以降、体内に溜まった水分が下に降りてくることによるもの。 顔は朝起きたときに、余分な水分が顔に溜まっているからです。

マッサージをうまく取り入れれば簡単にむくみ解消ができます。 リンパマッサージやころころ美顔ローラーなどで血液やリンパの流れを改善しましょう。

   
spacer
     
copyright 肌の老化はこうしてくい止める! all right reserved.